« お風呂で | トップページ | ライブ開始。 »

2007年12月15日 (土)

猛烈な後悔と、謝罪の気持ち。

今日は更新たくさんDAYだけど、

どうしても書きたいことがあって。。。。

私には悔やんでも悔やみきれない後悔の経験がある。

日頃からカッカしやすい私はすぐにカッカしては

失言をくりかえしてきていたが、そんな私にも

コレだけは本気で後悔しているという後悔がある。

まだ、相手には謝罪の気持ちを一度も伝えられていない。

後悔が大きすぎてどうやって伝えていいのかがわからないからだ。

その相手とは母親である。

芸能界入りを小さな頃から目指す私に、

看護婦という職業に誇りを持つ母は、

しきりに看護婦への道を薦めてきた。

芸能界以外に興味をもてなかった私はその意見を

すごくウザいと捉えた。

「芸能界なんて、危険だし、甘いところじゃないんだから」という

母の意見に頭にきた私は、

「お母さんみたいなつまらない人生は送りたくないんだ!」と

つい言ってしまった。

何がつまらないんだろう。

大勢の人に勇気を与える歌手という仕事ももちろん、素敵だ。

しかし、一人の人を確実に元気にする看護婦の仕事の

どこがつまらないんだろう。

どうしてあんなことを言ってしまったんだろう。。。

後悔先に立たずとはまさにこのこと。

家族とは仲良しの私、

母とも毎日メールか、電話をする。

もう上京してからそれは毎日続いている。

私がつらいとき、優しい声をかけてくれ、ハッパをかけてくれ、

いつでも私のことを心から思ってくれている母。

どうしてその母親に私はあんな言葉を、あんなひどい言葉を

かけてしまったのだろう。

いくら、自分が追い詰められていたとしても、言っていいことと悪いことがある。

私は今でも猛烈に後悔と反省をしている。

ただ、その話は私からどうしてもできない。

どうやって伝えればいいのかわからない。

私だったら自分の娘にそんなことを言われたら、とても傷つくとおもう。

自分の今までやってきたことは何だったんだろうと思うと思う。

でも、きっと今謝罪しても、

「気にしてないよ。大丈夫だよ。」というに違いないと思う。

それが私の母だから。

でも、本当に本当に後悔してるんだ。

看護婦の仕事。すごい素敵だと思う。

いろんな人を心から、体から支えた母を本当に誇りに思うし、

立派だと思う。

ごめんね。ごめんね、お母さん。。。。

「お母さんが愛の一番の味方だからね!」といつも言ってくれる。

私、お母さん大好きだよ。

頑張るから。絶対夢を叶えるよ!だから、これからも、

ずっと応援してね。    愛

|

« お風呂で | トップページ | ライブ開始。 »

コメント

泣けるいい話ですね。

投稿: 超埼玉原人 | 2007年12月16日 (日) 01時05分

いつも、ひそかにチェックしています。
思っていることと反対のことを言っちゃうこと。
年を取るとわかる気持ち。

昔は親のことなんて何とも思っていなかったけど
いまは、両親を尊敬しています。

その気持ち大事にしてくださいね。
きっと、お母さんにも伝わっているはずだから。
想い続ける気持ちが大切です。

僕も、ひそかに応援していますので!!
これからも、楽しい日記よろしくです!!

投稿: キャスピタ | 2007年12月17日 (月) 02時00分

>超埼玉原人

いいはなしかぁ?ww

>キャスピタ

そうですね。大事にしたいと思います~

投稿: aila | 2007年12月18日 (火) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お風呂で | トップページ | ライブ開始。 »